活動記録

古紙活性化プロジェクトの歴史

1964(昭和39)年
  ・山田昌夫が山昌梱包を創業(古紙資源活動事業開始)
  ・ダンボール紙器製造販売を開始

1969(昭和44)年
  ・総合梱包システムを確立し営業開始

1995(平成7)年
 ・阪神淡路大震災発生

1996(平成8)年
  ・アイデア発明振興会(前東京西発明振興会)が設立される

1997(平成9)年
 ・組み立て式簡易トイレセット[ゴンドラ]開発

2000(平成12)年
  ・容器包装リサイクル法が完全施行

2001(平成13)年
  ・古紙繊維化装置・古紙再生用脱水機の試作機製造着手

2002(平成14)年
  ・「第1回アイデア発明振興会」有志の古紙研究会はじまる
  ・古紙繊維システム24件を特許申請
  ・「古紙活性化プロジェクト」発足

2003(平成15)年
  ・東京発明展で奨励賞を受賞(古紙繊維化装置)

2004(平成16)年
・日刊工業新聞 アイデアで資源活用
・包装タイムス 古紙線維化装置
・『NEW環境展』東京ビッグサイト出展

2006年(平成18年)
断熱材ブロック体の特許出願(2007-296810)
・飯能工場解説 断熱材の設備竣工


2010年(平成22年)
・東大と共同開発、『美・スタンド』スクワット補助具開発

2011年(平成23年)
  ・放射能・吸着綿『ガードメン』開発、発売(特許第62106575)

2012年(平成24年)
・住宅壁の改修方法(特許第6002018)

2014年(平成26年)
・紙カップ・紙容器を、完全資源化に成功。
・複合紙容器のリサイクル方法(特開2016-093772)
  紙資源、フイルム資源、アルミ資源、に分離・分別化する。
  紙資源は、紙繊維としパルプ土壌でガーデニングに、『芝ダム』に活用、
  温暖化、ゲリラ豪雨対策に貢献。
  紙繊維をチャック袋に入れて、保温剤・冷却剤、
  両用で利用出来る,『暖子と冷子』を開発する。

2018年(平成30年)
・難燃断熱成型体の作製方法(特許第6402299号)

開発製品

・パルピア(簡易トイレ)
・セルトン (古紙繊維活性化装置)
・油カット君 (厨房廃水の油質を古紙繊維フィルターで吸着)
・こぼれん土 (植木鉢が倒れても、中の土がこぼれない)
・グリーンパルテノン (垂直緑化の実現、環境芸術)
・グリーンペット (緑の植物を、ペット動物のように育てる)
・だんぱる (ダンボールを紙粘土として使用)
・パルトン(内装壁、パルプ塗装壁、開発発売する)
・美・スタンド(東大と共同開発、スクワット補助具)
・楽・シーバ(都会の屋上を天然芝天国にしよう)
・ガードメン(放射能・吸着綿で除染を推進しよう)
・芝ダム(紙カップ・紙容器を完全リサイクル、紙繊維をパルプ土壌に芝緑化しよう)
・暖子と冷子(紙繊維を主材料に暖冷剤用具に活用)
・エコパルトン(難燃防音断熱材)

※各製品については、お問い合わせフォームからお気軽にどうぞ

研究開発

*世界初 夢の万能 断熱材&防音材が完成
2000年、地球を環境破壊から救おう、を理念に
都市森林(社会に排出される樹木加工紙製品)から
古紙資源を活性化するプロジェクトを発足させて、
世界的環境効果の高い、断熱材の開発に没頭し、
苦節・百折不撓18年、夢の万能断熱材が完成した。
世界に誇る発明として、平成30年9月14日、
特許庁に【特許第6402299号】登録された。
また、エコパルトン®の商標登録をしています。